認証制度の仕組み

jas_03

認定業務を行うことを農林水産大臣に登録・認可された登録認定機関は、生産農家や加工場(生産行程管理者)などの申請者が認定の技術的基準に適合しているかどうかの検査および判定を行い認定します。
認定を受けた事業者は、自らの責任で生産した農産物や製造(加工)した食品などをJAS規格に基づいて検査し、これに適合していると判断(格付)したものについて有機JASマークを付し、「有機」「オーガニック」などの表示をすることができます。
また、認定を受けた事業者は、認定された後も定期的に登録認定機関によるチェック(調査)を受けることになっています。

参考資料:リーフレット「ご存じですか?有機食品の検査認証制度」一般社団法人 日本農林規格協会
IMG_2921
有機認証について