農産物の名称表示、格付けの表示について

農産物の名称表示

有機農産物日本農林規格第5条に従って農産物の名称を表示します。下の例では、「有機農産物キャベツ」、「オーガニックホウレンソウ」となっています。
※転換期間中の有機農産物の場合は「転換期間中」と表示しなければなりません。
ojasindication

格付けの表示

ojasindication2有機やオーガニックを付けた農産物の名称を表示する場合は、登録認定機関名の入った有機JASマークが必要です。表示の方法は、容器や包装の見やすい場所に貼ります。また、送り状に貼ることも可能です。
マークの大きさは任意に決めることができます。ただし、縮尺等には決まりがあります。詳細は「JASマークを作成する場合の注意事項」をご覧ください。

名称の表示について(有機農産物の日本農林規格の第5条)

1.食品表示基準の規定に従うほか、有機農産物の名称の表示は、次の例のいずれかによることとする。(以下のいずれかにより記載する必要があります)
(1)「有機農産物」
(2)「有機栽培農産物」
(3)「有機農産物○○」又は「○○(有機農産物)」
(4)「有機栽培農産物○○」又は「○○(有機栽培農産物)」
(5)「有機栽培○○」又は「○○(有機栽培)」
(6)「有機○○」又は「○○(有機)」
(7)「オーガニック〇〇」又は「○○(オーガニック)」
(注1)(1)又は(2)の表示を行う場合には、食品表示基準の規定に従い、当該農産物の名称の表示を別途おこなうこと。
(注2)「○○」には、当該農産物の一般的な名称を記載すること。
2.前項の基準にかかわらず、転換期間中のほ場において生産されたものにあっては、名称又は商品名の表示されている個所に近接した箇所に「転換期間中」と記載すること。

その他、食品表示ついては、食品表示法、食品表示基準並びに同Q&Aを参考にしてください。
これらは消費者庁のホームページ(外部リンク)から簡単に入手(ダウンロード)できます。一読されるようにお願い致します。

IMG_2921
有機認証について