JASマークを作成する場合の注意事項

認定者が自ら有機JASマークを作成する場合は以下の事項を厳守してください。
なお、マークの色は特に決められていません。

jasmark_size
(1)A(外径)は、5mm以上とする。
(2)Bは、Aの2倍とし、Dは、C(内径)の3/10とする。
(3)認定機関名の文字の高さは、Dと同じとする。
(4)認定機関名は、略称を記載することができる。
当センターで認定された方は(4)の略称として「自然農法センター」、「(公財)自然農法センター」または「(財)自然農法センター」のいずれかを記載してください。ご自分で印刷する場合は予め認定事務局に確認することをお奨めします。※「(財)自然農法センター」の略称は、2018年12月末で取下げ予定

 

2016年6月1日のJAS法施行規則及び関連告示の改正に伴い、当センターの有機農産物の生産行程管理者及び有機農産物の小分け業者の認定を受けている事業者は、2018年6月1日より有機JASマークの登録認定機関名の下側に認定番号の記載が義務付けられます(一部例外あり)。

2016年12月13日

IMG_2921
有機認証について