【寄稿】共に育つ自然育種園をめざして

自然農法センターのタネの特徴の一つに、草生栽培という一般とは異なる環境の中で選抜・育成するということが挙げられます。当センター育種圃場の草生栽培は、外部からの有機物の投入を極力控え、ムギ・マメ類と野菜を輪作しながら両者を交互に作付けし、畝間に多年生牧草を生やしてその牧草を定期的に刈り取って野菜の株元に敷くといった方法で、野菜にとって厳しい環境の中で生命力・自立力のある品種を見いだします。

自然農法センターの特別研究員として「自然農法センターのタネ」シリーズの礎を築いてきた中川原敏雄さんは、定年退職後もタネの開発と普及に携わり、草生栽培を独自の理論と経験から進化させ続けています。中川原さんにご自身の草生栽培を基にした農園の技術を教えてもらいながら、自然農法による野菜づくりや健康づくりのコツを学びます。

 

自然育種園1

2021.9.15

第1回 自然育種園と歩む喜び

私が長年の夢だった一反百姓を始めたのは2015年からです。10aほどの農地を借りることができたので、定年退職を契機に本格的に野菜の自給に取り組んでみようと思ったのです。機械や農業資材を使わずに無理なくできるやり方を考え、鍬や鎌などの農具だけでできる、自然農法センターで取り組んできた草生栽培をベースにしました。

 

2021.9.22

第2回 無施肥・不耕起の草生栽培

私が草生栽培を本格的に始めたのは、1990年に自然農法センターで有機栽培向き品種の育成をスタートさせた時でした。自然農法は未経験でしたが、それ以前から草生栽培に取り組んでいたので、緑肥のエンバクとクリムソンクローバーを条播きして、その間作に野菜を栽培すれば病害虫の発生が少なく無農薬で栽培できることを経験していました。

 

中川原さんの関連記事はこちら↓
育成者インタビュー「自然のタネ誕生秘話」
家庭で育てる野菜の自然栽培~発芽から種まで命のバトンをつなく~(自然農法68号より)
生命力の強いタネを育てる~植物と人間による共同育種をめざして~(自然農法72号より)

中川原さんの著書↓
『コツのコツシリーズ 自家採種入門 生命力の強いタネを育てる』(農文協・共著)

topimage_logo

自然農法の種子