採用情報

募集要項はこちら

新しい職員とより進めていきたい自然農法センターの業務

自然や“いのち”を大切にした生き方・暮らし方への転換

IMG_A健康で豊かに安心して生活できる環境を次世代に引き継ぐために、私たちは何ができるでしょうか。当センターの願いは、自然農法の栽培技術の普及にとどまらず、自然や“いのち”を大切にしたライフスタイルを実現していくことにあります。

豊かな自然と人間の健康を守る

IMG_B現在、日本の農業人口は減少の一途をたどっています。日本の豊かな自然を守り、人々の健康に益する作物を生産する自然農法や有機農業の担い手が今ほど求められている時代はありません。当センターは、自然の力を生かした農業技術の開発と後継者の育成、有機農業に適した種子の品種育成に努力しています。

自然の機能を発揮させる栽培技術をめざす

IMG_C当センターが推進する自然農法は、自然界の営みに人間が適切に関わり、その働きを引き出すことで、永続的な生産を行いながら、人間をはじめ多様な生物が、より豊かになることを目的としています。
こうした考えに基づき、化学合成農薬や化学肥料の使用を控え、より自然の機能を発揮させることを原則とした栽培方法をめざして、適切な有機物の利用や、品種や栽培時期を含めた栽培管理を行うことを技術の基本としています。

慣行農法からの転換を容易にする「育土」技術を研究

IMG_①化学合成農薬や化学肥料を使用した慣行農法から、自然農法や有機農業に移行するためには、土の力を最大限に生かした栽培技術に転換する必要があります。当センターは、水田と畑作について、短期間で慣行農法と遜色のない作物を栽培する技術をめざして研究活動を行っています。

人間の健康と自然を守る種を育てる

IMG_②IMG_③現在、世界的な大企業が、遺伝子組み換え品種を開発し、化学合成農薬や化学肥料を使用しなければ育たない作物を広めようとしています。当センターでは、一貫して自然農法や有機農業に適した品種の育成を行っています。有機農業界では今や、品種育成から生産、頒布まで行う唯一の団体として高い評価を受けています。

普及段階にも入った稲作技術研究

IMG ④IMG_5-1安定した水稲栽培を自然農法や有機農業で行うためには、稲の健全な生育と水田の雑草対策が欠かせません。当センターでは、長年の研究によって、2つの課題をかなりクリアしてきました。各地で実践できるよう、さらなる洗練化と普及活動を行っています。

未来の有機農業を担う人材を育成

IMG_⑥当センターでは、毎年自然農法や有機農業を志す人々を研修生として受け入れています。研修生は、寮生活を送りながら、各種講義や圃場での実習を通して自然農法の技術や考え方を学びます。現在まで修了生約110名のうち、半数近くが当財団で学んだ技術を生かして、全国各地で就農しています。

職員募集要項

(公財)自然農法国際研究開発センター

1.募集人数

若干名

2.応募資格

①新卒応募者

2018年3月末までに高等学校(高専含)・農業大学校・各種専門学校・大学(短大含)・大学院を卒業見込みの方

②一般応募者

上記①に該当しない方。特に、種苗会社や農学関連の研究機関等において、研究職・技術職の経験がある方や、専門性の高い知識・経験をお持ちの方を募集しています。

3.業務内容

4.勤務地

5.給与

月給:大学新卒者の例 月給183,650円(勤務条件による調整あり)
昇給年1回あり、賞与年2回あり、各種手当て(通勤、住居、扶養等)あり
社会保険制度:雇用保険、健康保険、厚生年金

6.勤務時間

9時~17時

7.休日休暇

毎週日曜日、月2回土曜日、祝祭日および年末年始休暇、夏季休暇、年次有給休暇(採用半年経過後から付与)、特別休暇(結婚、出産、忌引き等)

8.応募締切

①新卒応募者 2017年12月27日

②一般応募者 随時

9.応募要領

別紙「職員採用試験提出書類」に基づき書類を揃えて、締め切り日までに総務課へ提出してください。

10.選考試験

①実施日

・新卒応募者 2018年1月21日(日)

・一般応募者 応相談

②内 容

面接および筆記試験(小論文、適性試験)

③会 場

長野県松本市波田5632番地1
(公財)自然農法国際研究開発センター農業試験場
TEL:0263-91-1011

長野県松本市波田5632

11.受験後のスケジュール等

①採否通知

・新卒応募者 2018年2月10日まで

・一般応募者 試験実施20日後以内程度

②入所日

・新卒応募者 2018年3月22日

・一般応募者 応相談

12.試用期間

①入所日から6ケ月間は試用期間とし、その期間を経過した後、本採用となります。
②試用期間中に財団職員として不適格な行動があった場合は、採用を取り消します。

以 上

※農業試験場・知多草木農場では見学も随時受けつけています。

~問い合わせ・応募書類提出先~
(公財)自然農法国際研究開発センター総務課
〒390-1401長野県松本市波田5632番地1
担当:佐藤和宏
TEL:0263-91-1011

IMG_0149
自然農法センターについて