在来種 木曽紫カブ(きそむらさきかぶ)

2-12_kisomurasakikabu

長野県木曽地方在来の木曽カブから選抜育成。葉は開張し、欠刻が多い。カブは腰高で大きく濃紫色となる。甘酢漬けにすると薄紫色に染まり、美味。秋まき専用。

作型図

2-12_gata_turnip

自然農法の種子