在来種 緑肥用カウピー(りょくひかうぴー)

2-14_ryokuhikaupi

マメ科ササゲ属の1年草本。種子はアズキに似ているが黒色で小さい。生育初期は矮性のように伸びないが、高温期に入るとつるを伸ばし旺盛に生育して大きな藪になり雑草を圧倒するので、秋作の前作緑肥として利用できる。高温乾燥に強いが霜に弱いので、降霜の恐れがなくなってから播種する。

自然農法の種子