第34回 日本雑草学会シンポジウム(11月9日・東京都)

11月9日に、東京農業大学にて一般社団法人日本雑草学会のシンポジウムが開催されます。

「有機農業における雑草へのまなざしと管理技術」をテーマに、6名の講演が行われる予定で、当センター理事長の岩石真嗣も『水田雑草が生えない環境とは』というタイトルで講演いたします。

参加費は無料となっております。皆様お誘い合わせの上、是非ご参加下さい。

 

s-2019年雑草学会シンポポスター

 

行事名第34回 日本雑草学会シンポジウム 有機農業における雑草へのまなざしと管理技術

会 場東京農業大学 世田谷キャンパス1号館142教室(東京都世田谷区桜丘1-1-1)

日 時:令和元年11月9日(土)13:30~17:00(受付13:00~)

参加費:無料(事前申込不要)

主 催一般社団法人 日本雑草学会

共 催:日本有機農業学会

後 援:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構

内 容

『有機農業における雑草管理の目指すところ』 農研機構 嶺田 拓也氏

『アグロエコロジーにおける植生のとらえ方』 東京農業大学 宮浦 理恵氏

『耕地の炭素循環に及ぼす植生の役割』    茨城大学 小松﨑 将一氏

『水田雑草が生えない環境とは』       自然農法国際研究開発センター 岩石 真嗣

『水田雑草を抑える技術の多様な展開』    島根県農業技術センター 安達 康弘氏

『実践のなかでの草との向き合い』      秀明自然農法ネットワーク 佃 文夫氏

詳細については日本雑草学会の案内ページをご覧下さい。

 

IMG_2518
普及活動